漫画最新刊の発売日

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。【6巻→7巻】最新刊発売日は?

漫画「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」は何巻まで発売されている?最新刊の発売日はいつ?

「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」の最新刊を楽しみにしている人が気になるのは、なんといっても「新刊はいつ発売されるの?」という情報です。

最新刊の発売日、そして今までの発売日を確認して、「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」を買い逃さないようにしましょう!

漫画「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」作品情報

著者ほた。, CHIROLU
掲載誌ComicWalker
出版社KADOKAWA
レーベルMFC

何巻まで発売されている?

マンガ「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」は現在、

6巻まで発売されています。

漫画をお得に揃える方法は?

漫画をお得に揃えるには、セールや割引、ポイント還元がある電子書籍がオススメ!オススメ電子書籍サービスはコチラ!
まんが王国
ebookjapan
BookLive!
コミックシーモア
BOOK☆WALKER

Kindleストア
楽天Kobo
Renta!
紙の書籍で読みたい人はこちらがオススメ!
Amazon
楽天ブックス
honto

漫画「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」は何巻まで発売されている?→最新刊6巻まで発売されています。「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」の現在の最新刊は6巻で、次巻は7巻となります。

最新刊の発売日はいつ?

6巻(発刊済み最新刊)の発売日はいつ?

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。の発刊済み最新刊(6巻)は

2020年10月23日

に発売されています。

漫画「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」の最新刊の発売日はいつ?→現在発刊されている最新刊(6巻)の発売日は2020年10月23日です。

7巻(次の最新刊)の発売日はいつ?

発売日情報なし

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。の次巻となる7巻(次に発刊が予定されている最新刊)は
未定に発売が予定されています。

Amazonで調べる楽天ブックスで調べる

漫画「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」の最新刊の発売日はいつ?→次に発刊が予定されている最新刊(7巻)の発売日はまだ決まっていません。

Amazon・楽天ブックスにて登録された発売日の情報を元に作成しています。詳しい情報は各サイトにてご確認ください。

発売日を予想するには?

発売日が未定の場合、そのタイトルの新刊発売ペースを見れば発売日がいつになるかある程度予想することが可能です。

[直近の巻数の発売日]
“うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。”(2)巻の発売日は2017年08月23日。
“うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。”(3)巻の発売日は2018年02月22日。
“うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。”(4)巻の発売日は2018年08月23日。
“うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。”(5)巻の発売日は2019年06月22日。
“うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。”(6)巻の発売日は2020年10月23日。

※Wikipedeiaや、楽天・Amazonなどの販売サイトの情報を元に作成しています。上記は紙の書籍販売の発売日のため、電子書籍の発売日とは異なる場合があります。

最新の発売情報を自分で調べる

ご自身で最新刊の発売日情報、予約情報などを調べる場合はこちら

Amazonで調べる楽天ブックスで見る

発売日の情報が公開されてから、ページを更新するまでにはタイムラグがあります。

ご自身で最新の発売情報や予約情報などを確認したい場合は、Amazonや楽天などで確認してみてください。

作品情報

その戦闘技術と判断力を武器に、若くして近隣にその名を轟かせる冒険者の青年デイル。とある依頼で深い森の中を訪れた彼は、そこでガリガリに痩せ細った幼き魔人族の少女と出逢い、彼女の保護者になる決意をする!

感想

「もし勇者が、退治すべき魔王を愛してしまったら」
そんな、大胆な設定のお話です。
森で魔人族の少女・ラティナと出会った、若き冒険者のデイル。
親を亡くした彼女を引き取り、養父として育てる決意をします。
可憐で利発、愛らしいラティナを溺愛し、あっという間に親バカになったデイル。
でもラティナには、魔王になる運命が課せられていました。
最愛の娘はやがて成長し、彼の恋人になりますが……。
奪われた彼女を取り戻す為に、残りの魔王を全員倒すと決めたデイル。
「魔王の為に、魔王と戦う勇者」
何とも斬新な物語ですが、根っ子にあるのは、義父子や恋人の、深い愛情物語です。(既読巻数:6巻、ハンドルネーム:ちよ)