漫画最新刊の発売日

きっと愛してしまうんだ。【7巻→8巻】最新刊発売日は?

漫画「きっと愛してしまうんだ。」は何巻まで発売されている?最新刊の発売日はいつ?

「きっと愛してしまうんだ。」の最新刊を楽しみにしている人が気になるのは、なんといっても「新刊はいつ発売されるの?」という情報です。

最新刊の発売日、そして今までの発売日を確認して、「きっと愛してしまうんだ。」を買い逃さないようにしましょう!

漫画「きっと愛してしまうんだ。」作品情報

著者一井かずみ
掲載誌プチコミック
出版社小学館
レーベルフラワーコミックスα

何巻まで発売されている?

マンガ「きっと愛してしまうんだ。」は現在、

7巻まで発売されています。

漫画をお得に揃える方法は?

漫画をお得に揃えるには、セールや割引、ポイント還元がある電子書籍がオススメ!オススメ電子書籍サービスはコチラ!
まんが王国
ebookjapan
BookLive!
コミックシーモア
BOOK☆WALKER

Kindleストア
楽天Kobo
Renta!
紙の書籍で読みたい人はこちらがオススメ!
Amazon
楽天ブックス
honto

漫画「きっと愛してしまうんだ。」は何巻まで発売されている?→最新刊7巻まで発売されています。「きっと愛してしまうんだ。」の現在の最新刊は7巻で、次巻は8巻となります。

漫画におすすめな電子書籍

まだ紙のマンガで読んでいませんか?電子書籍デビューにはこれがオススメ!

BookLive!(公式サイト)
最大50%OFFのクーポンガチャが毎日引ける!
eBookJapan(公式サイト)
初回ログイン限定で最大6回使える半額クーポン配布!
まんが王国(公式サイト)
期間限定最大80%ポイント還元が開催される!
コミックシーモア(公式サイト)
無料新規登録で70%OFFのクーポンがもらえる!
BOOK☆WALKER(公式サイト)
月額836円でマンガ雑誌約90誌、単行本30,000冊以上が読み放題!

50%以上の割引や還元が頻繁に開催される電子書籍サービスが目白押し!

最新刊の発売日はいつ?

7巻(発刊済み最新刊)の発売日はいつ?

きっと愛してしまうんだ。の発刊済み最新刊(7巻)は

2019年01月10日

に発売されています。

漫画「きっと愛してしまうんだ。」の最新刊の発売日はいつ?→現在発刊されている最新刊(7巻)の発売日は2019年01月10日です。

8巻(次の最新刊)の発売日はいつ?

発売日情報あり

きっと愛してしまうんだ。の次巻となる8巻(次に発刊が予定されている最新刊)は
未定に発売が予定されています。

Amazonで調べる楽天ブックスで調べる

漫画「きっと愛してしまうんだ。」の最新刊の発売日はいつ?→次に発刊が予定されている最新刊(8巻)の発売日は未定に予定されています。まだ決まっていません。

Amazon・楽天ブックスにて登録された発売日の情報を元に作成しています。詳しい情報は各サイトにてご確認ください。

発売日を予想するには?

発売日が未定の場合、そのタイトルの新刊発売ペースを見れば発売日がいつになるかある程度予想することが可能です。

[直近の巻数の発売日]
“きっと愛してしまうんだ。”(7)巻の発売日は2019年01月10日。
“きっと愛してしまうんだ。”(8)巻の発売日は未定。

※Wikipedeiaや、楽天・Amazonなどの販売サイトの情報を元に作成しています。上記は紙の書籍販売の発売日のため、電子書籍の発売日とは異なる場合があります。

最新の発売情報を自分で調べる

ご自身で最新刊の発売日情報、予約情報などを調べる場合はこちら

Amazonで調べる楽天ブックスで見る
発売日の情報が公開されてから、ページを更新するまでにはタイムラグがあります。

ご自身で最新の発売情報や予約情報などを確認したい場合は、Amazonや楽天などで確認してみてください。

作品情報

美人だけど近寄りがたいと言われている歩とイケメンで有能、みんなの人気者の谷地。特に接点のない同期の二人だったけど、失恋してボロボロになった歩に、そっと手を差し伸べてくれたのは彼だった。おかげで、ほんの少し前を向くことができた…と思ったら、まさか今日から彼とひとつ屋根の下――!?

感想

藤田歩という美女で人づきあいが苦手な営業職と、同期の谷地俊輔との恋愛物語です。
谷地は人づきあいが上手で、歩とは正反対な太陽のような人ですが、不器用な一面もあり、2人がお互いの足りないところを補い合うようにして関係を育てていくプロセスがとても丁寧に描かれていたのがとてもよかったです。
一井かずみ先生のあたたかみのあるタッチも相まって、物語全体に優しい空気が流れていて、傷ついている気分の時も楽しい気分の時も読後にはほっこりできた、とても素敵なストーリー展開でした。イヤな奴にもそれなりに理屈があって、悪い人間というのは存在しないのではないかと希望を持たせてくれる物語でした。(既読巻数:7巻、ハンドルネーム:ころころ)