漫画最新刊の発売日

ハクメイとミコチ【10巻→11巻】最新刊発売日は?

漫画「ハクメイとミコチ」は何巻まで発売されている?最新刊の発売日はいつ?

「ハクメイとミコチ」の最新刊を楽しみにしている人が気になるのは、なんといっても「新刊はいつ発売されるの?」という情報です。

最新刊の発売日、そして今までの発売日を確認して、「ハクメイとミコチ」を買い逃さないようにしましょう!

漫画「ハクメイとミコチ」作品情報

著者樫木祐人
掲載誌ハルタ
出版社KADOKAWA
レーベルHARTA COMIX

何巻まで発売されている?

マンガ「ハクメイとミコチ」は現在、

10巻まで発売されています。

漫画をお得に揃える方法は?

漫画をお得に揃えるには、セールや割引、ポイント還元がある電子書籍がオススメ!オススメ電子書籍サービスはコチラ!
まんが王国
ebookjapan
BookLive!
コミックシーモア
BOOK☆WALKER

Kindleストア
楽天Kobo
Renta!
紙の書籍で読みたい人はこちらがオススメ!
Amazon
楽天ブックス
honto

漫画「ハクメイとミコチ」は何巻まで発売されている?→最新刊10巻まで発売されています。「ハクメイとミコチ」の現在の最新刊は10巻で、次巻は11巻となります。

漫画におすすめな電子書籍

まだ紙のマンガで読んでいませんか?電子書籍デビューにはこれがオススメ!

BookLive!(公式サイト)
最大50%OFFのクーポンガチャが毎日引ける!
eBookJapan(公式サイト)
初回ログイン限定で最大6回使える半額クーポン配布!
まんが王国(公式サイト)
期間限定最大80%ポイント還元が開催される!
コミックシーモア(公式サイト)
無料新規登録で70%OFFのクーポンがもらえる!
BOOK☆WALKER(公式サイト)
月額836円でマンガ雑誌約90誌、単行本30,000冊以上が読み放題!

50%以上の割引や還元が頻繁に開催される電子書籍サービスが目白押し!

最新刊の発売日はいつ?

10巻(発刊済み最新刊)の発売日はいつ?

ハクメイとミコチの発刊済み最新刊(10巻)は

2022年01月15日

に発売されています。

漫画「ハクメイとミコチ」の最新刊の発売日はいつ?→現在発刊されている最新刊(10巻)の発売日は2022年01月15日です。

11巻(次の最新刊)の発売日はいつ?

発売日情報あり

ハクメイとミコチの次巻となる11巻(次に発刊が予定されている最新刊)は
未定に発売が予定されています。

Amazonで調べる楽天ブックスで調べる

漫画「ハクメイとミコチ」の最新刊の発売日はいつ?→次に発刊が予定されている最新刊(11巻)の発売日は未定に予定されています。まだ決まっていません。

Amazon・楽天ブックスにて登録された発売日の情報を元に作成しています。詳しい情報は各サイトにてご確認ください。

発売日を予想するには?

発売日が未定の場合、そのタイトルの新刊発売ペースを見れば発売日がいつになるかある程度予想することが可能です。

[直近の巻数の発売日]
“ハクメイとミコチ”(10)巻の発売日は2022年01月15日。

※Wikipedeiaや、楽天・Amazonなどの販売サイトの情報を元に作成しています。上記は紙の書籍販売の発売日のため、電子書籍の発売日とは異なる場合があります。

最新の発売情報を自分で調べる

ご自身で最新刊の発売日情報、予約情報などを調べる場合はこちら

Amazonで調べる楽天ブックスで見る
発売日の情報が公開されてから、ページを更新するまでにはタイムラグがあります。

ご自身で最新の発売情報や予約情報などを確認したい場合は、Amazonや楽天などで確認してみてください。

作品情報

ハクメイとミコチ。緑深き森で暮らしている、小さなふたりの女の子。木の洞(うろ)に家を造ったり、葉っぱを傘にしたり、昆虫や鳥の背に乗ったり……身長9センチメートルなら、そんな事も出来るのです。愉快で穏やかな、森の日常劇!

感想

ハクメイとミコチは森に住む小人達の日常漫画です。
小人達が日々を過ごす中で起こる出来事や事件を皆で解決していくのですが例えば祭りの出店を手伝ったり、台風で壊れてしまった家を修復したりします。
何気ない日常を小人達の目線で描写することで可愛らしさと共感を感じる作品です。
社会で生きていると情報が多すぎるせいか本当に感動する出来事や本来感じるべきありがたみを忘れがちになってしまいます。
私は仕事や家庭でストレスが溜りいつもなら感謝すべきことが蔑ろになってしまう時にハクメイとミコチを読むとストレスがフッと消えて寒い夜に飲む暖かいコーヒーの美味しさや普段話している家族とのコミュニケーションが普段よりも強く濃く感じます。
いつもある出来事やいつも居る家族が本当は美しく感動できる存在だと再認識できる作品だと思います。(既読巻数:7巻、ハンドルネーム:アホウドリ)

身長9センチのこびと「ハクメイ」と「ミコチ」の日常をつづった作品。ファンタジー要素がありながらも、蒸気機関車が登場したりと、どことなく親近感を覚える世界観になっています。
その中でも注目したいのは食べ物の描写。「押し寿司の炙り」、「ミネストローネ」、「ジュレップ」、「マッシュルームのオイル煮」など、普段私たちが目にするものが多いです。味の想像も容易にできてしまう上、それをおいしそうに食べるハクメイの姿も相まって、しばらくは「ああ、あの話に出ていた○○が食べたい…」という欲求に駆られてしまいます。実際私もミネストローネが無性に食べたくなり作ったこともあります…。
ストーリーもほっこりするものが多く、色んな角度から楽しめる作品です。(既読巻数:7巻、ハンドルネーム:赤木あおこ)