漫画最新刊の発売日

ふしぎの国の有栖川さん【9巻→10巻】最新刊発売日は?

漫画「ふしぎの国の有栖川さん」は何巻まで発売されている?最新刊の発売日はいつ?

「ふしぎの国の有栖川さん」の最新刊を楽しみにしている人が気になるのは、なんといっても「新刊はいつ発売されるの?」という情報です。

最新刊の発売日、そして今までの発売日を確認して、「ふしぎの国の有栖川さん」を買い逃さないようにしましょう!

漫画「ふしぎの国の有栖川さん」作品情報

著者オザキアキラ
掲載誌別冊マーガレット
出版社集英社
レーベルマーガレットコミックス

何巻まで発売されている?

マンガ「ふしぎの国の有栖川さん」は現在、

9巻まで発売されています。

漫画をお得に揃える方法は?

漫画をお得に揃えるには、セールや割引、ポイント還元がある電子書籍がオススメ!オススメ電子書籍サービスはコチラ!
まんが王国
ebookjapan
BookLive!
コミックシーモア
BOOK☆WALKER

Kindleストア
楽天Kobo
Renta!
紙の書籍で読みたい人はこちらがオススメ!
Amazon
楽天ブックス
honto

漫画「ふしぎの国の有栖川さん」は何巻まで発売されている?→最新刊9巻まで発売されています。「ふしぎの国の有栖川さん」の現在の最新刊は9巻で、次巻は10巻となります。

最新刊の発売日はいつ?

9巻(発刊済み最新刊)の発売日はいつ?

ふしぎの国の有栖川さんの発刊済み最新刊(9巻)は

2019年10月25日

に発売されています。

漫画「ふしぎの国の有栖川さん」の最新刊の発売日はいつ?→現在発刊されている最新刊(9巻)の発売日は2019年10月25日です。

10巻(次の最新刊)の発売日はいつ?

発売日情報なし

ふしぎの国の有栖川さんの次巻となる10巻(次に発刊が予定されている最新刊)は
未定に発売が予定されています。

Amazonで調べる楽天ブックスで調べる

漫画「ふしぎの国の有栖川さん」の最新刊の発売日はいつ?→次に発刊が予定されている最新刊(10巻)の発売日はまだ決まっていません。

Amazon・楽天ブックスにて登録された発売日の情報を元に作成しています。詳しい情報は各サイトにてご確認ください。

発売日を予想するには?

発売日が未定の場合、そのタイトルの新刊発売ペースを見れば発売日がいつになるかある程度予想することが可能です。

[直近の巻数の発売日]
“ふしぎの国の有栖川さん”(5)巻の発売日は2018年05月25日。
“ふしぎの国の有栖川さん”(6)巻の発売日は2018年09月25日。
“ふしぎの国の有栖川さん”(7)巻の発売日は2019年01月25日。
“ふしぎの国の有栖川さん”(8)巻の発売日は2019年06月25日。
“ふしぎの国の有栖川さん”(9)巻の発売日は2019年10月25日。

※Wikipedeiaや、楽天・Amazonなどの販売サイトの情報を元に作成しています。上記は紙の書籍販売の発売日のため、電子書籍の発売日とは異なる場合があります。

最新の発売情報を自分で調べる

ご自身で最新刊の発売日情報、予約情報などを調べる場合はこちら

Amazonで調べる楽天ブックスで見る

発売日の情報が公開されてから、ページを更新するまでにはタイムラグがあります。

ご自身で最新の発売情報や予約情報などを確認したい場合は、Amazonや楽天などで確認してみてください。

作品情報

和風ピュア女子×完全男子のやんごとなき恋物語。 お祖父さんに大切に育てられた有栖川鈴は、趣味は落語で門限6時。恋愛には超鈍感という古風な女の子に。鈴は電車の中で男女問わず人気のある野宮くんと出会います。いつもやさしく接してくれる野宮くんに終始アタフタ気味の鈴。ずっと見ていたいふたりの物語をお楽しみあれ。

感想

困っているところを助けてもらい、その相手がイケメンだったというシチュエーションは少女漫画によくある展開だと思いつつ、この漫画はそれだけでは終わらないというか、それだけでは恋愛が始まりすらしない恋愛漫画です。主人公の鈴が箱入り娘過ぎて恋になど全く興味を示しませんし、野宮君もさらっとドキドキすることを言うのですが、どこまで本気なのか、鈴に対してどう思っているのかが全く読めません。また、主人公を取り巻く脇役キャラたちが皆個性的で、愛しいです。野宮君の友達のメガネの菅谷は野宮君のことが好きすぎるし、女子高のイケメン花森さんは彼氏ができないことを嘆き続け、鈴の友達のなっちゃんは鈴をいじりまくります。落語好きで箱入り娘の女子高生というキャラクターがすでに濃いにも関わらず、それに負けないくらい周りのキャラクターが濃いです。それでも主人公の鈴のキャラクターが薄くならないのは、ストーリーの中でそれぞれのキャラクターたちがうまく自分の役割を果たしているからのように感じます。また、ラブストーリーとしての主軸もきちんとしていて、賑やかに恋が少しずつ進んでいく読んでいて飽きない少女漫画だと思います。野宮君の鈴への接し方が今後どうなるのか、鈴の恋は始まるのか、次巻への期待を残す1巻です。(既読巻数:1巻)